避妊薬ピルの写真

ピルは避妊だけに使うお薬ではありません。女性には毎月1度来る生理に伴う生理不順・生理痛などの改善にもピルは利用できます。ピルは女性にはとてもよい効果ばかりなので、気になる方は参考になさってみてください。

気になるピルの副作用、母乳や卵巣への影響は?

女性の月経には、さまざまなトラブルが付きまといます。
生理不順、無月経、過長月経、過多月経、酷い生理痛や吐き気を引き起す月経困難症、月経前緊張症(PMS)など、挙げればきりがないほどたくさん問題が起こります。
このような苦しみを抱えていない方を探す方が少ないでしょう。
月経に伴うトラブルには、ピルが使用されます。
ピルというと、避妊薬というイメージが強くありますが、月経のトラブルにも広く使われています。
ピルにも様々な種類があり、月経困難症やPMS対策など、月経によって生じる諸症状に特化しているもの、生理不順、無月経、過長月経、過多月経など月経そのものに異常があるものに特化しているもの、避妊に特化しているものなどがあります。
ピルは、これらの月経に関するトラブルを解決してくれる素晴らしい薬です。
しかし、その一方で副作用も多く存在しています。
一番有名で、場合によっては命にかかわってしまうものに、血栓症があります。
ピルに含まれているホルモンが、血液を固めやすくしてしまうために、血栓症が起こる場合があります。
服用している間は、生活習慣、食事内容などに気を配らなければなりません。
そのほか、気になるのは他の女性器や母乳に関する副作用です。
母乳を与えている人は、赤ちゃんに対する安全性が確立していないため、飲むことができません。
卵巣や子宮に関しても気になりますが、こちらは特に副作用がなく、むしろ良い影響を与えているといわれています。
ピルを飲んでいる間は、排卵が抑えられるため、卵巣が休んでいる状態になります。
また、子宮への負担が減るため、卵巣がんや子宮体がんの予防にもつながります。
月経で苦しんでいる方は、一度勇気をもって、婦人科を受診してみてください。
月経の問題が解消されることにより、劇的に生活の質が上がる場合があります。