避妊薬ピルの写真

ピルは避妊だけに使うお薬ではありません。女性には毎月1度来る生理に伴う生理不順・生理痛などの改善にもピルは利用できます。ピルは女性にはとてもよい効果ばかりなので、気になる方は参考になさってみてください。

ピルを飲んでいる時期は喫煙しないようにしよう

ピルは女性が妊娠を避けるために飲む経口避妊薬のことで、英語ではOCと呼ばれています。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが有効成分として配合されており、これを飲むことで体のホルモンバランスが妊娠した時と同じような状態になるため、脳が妊娠したと勘違いし、卵巣が休眠状態になって妊娠しなくなります。
ちなみに、ピルに配合されているホルモンの量が少ない経口避妊薬は低用量ピルと呼ばれており、体にとって安全性が高いとされているため、よく使われています。
避妊薬を利用する時に心配されることとして、副作用の問題がありますが、低用量ピルは配合しているホルモン量を少なくすることで副作用が起こる確率を下げていることが特徴です。
しかし、頭痛や吐き気、不正出血、乳房の張りなどの比較的軽い副作用はピルを飲み始めた時期には起こることがあるので、注意しておきましょう。
なお、頭痛や吐き気などはこの薬を飲むことでホルモンの状態が変わったことによって起こる副作用だと考えられており、飲み始めの時期を過ぎて体がピルに慣れてくると、だんだん起こらなくなってくる人が多い点は安心出来ます。
さて、低用量ピルは安全性が高い薬ですが、この薬を飲んでいる時期には喫煙をしないことが大切になります。
それは何故かと言うと、この薬を飲むと、まれに血栓症を起こす副作用があることが確認されているからです。
血栓症は血液中に血液が固まった血栓が出来て血管を詰まらせる病気で、詰まる場所によっては危険な状態になることもあるため、充分に注意しておく必要があります。
そして、喫煙している人は血栓症になるリスクが更に高くなってしまうので、経口避妊薬を安全に使いたいなら、薬を利用している時期にはタバコを吸わないようにするのが、万が一の危険を避けるためにおすすめと言えます。